エントリーシートとは、面接や筆記試験の前に提出する物で、書類選考用の大事な資料であり、採用されるための第一関門です。これを突破しなくては、筆記試験や面接さえも受けることはできません。始めに具体的に自己PRや志望動機を記入しましょう。「具体的に書きなさい」と呼ばれても、なかなか具体的に書けない人が多いです。あなたがエントリーシートを書いて読んでみた時のイメージとエントリーシートを読んだ相手が持つイメージがなるべく一致しなくてはいけません。加えて、相手に自分の性格や考え方、価値観などが伝わるというのが理想です。一例として、「私は大学4年間、サークル活動を一度も休むことなく続けました」なんて文章では、全くと言っていいくらい自己PRにはならないのです。「なぜ4年間休まず活動してきたのか?」「活動してきたことで何を得ることができたのか?」というような事まで踏み込んで書く必要がありますよね。あなたがどういった経験をし、その経験からどういう事を学んだと考えているのかを書くことで、読む相手には貴方の考え方や価値観が多少なりとも伝わるだと言えると思います。また、書き方が下手だとマイナスの印象を与えてしまいかねないので、ここで少し書き方のポイントも説明します。大きく読みやすい字を心がけ、全体のバランスにも注意して書きます。行をまっすぐ揃える、読みやすいように改行や段落を意識すると言った配慮も必要となります。文字列が曲がっていたり、あまりにも長い文章だったり、読みづらいような小さな字で書かれていたら、読む気をなくしてしまいますよね。だらだらと書かず、起承転結をつけて書くと良いのです。書き終えたら繰り返し見直し、誤字や脱字などもチェックしてくださいー